fbpx

旅用語辞典

【語源】旅という言葉は何を現しているのか?諸説をめぐる小話


旅するあなたへの小話は如何でございましょうか?

 

旅の語源。

そもそも旅という事は、何を表しているのか。それは諸説あるようです。

 

①『食べ』説

柳田國雄の提言。
地の物を食べて回る行いから、『食べる』がなまって旅になった説。

 

②『辿る』説

平安時代の歌人西行に憧れた松尾芭蕉が、西行が訪れた場所を辿った奥の細道が由来。『辿る』がなまって旅になった説。

この2説が有力とされているそうです。

 


旅先や先人達の想いに触れる事が、本当の『旅』なのかも知れませんね。



『旅』を表す英語に、『travel』と『tour』があると思います。
では、このtraveltourの違いについては、ご存知でしょうか?

 

実は似て非なるものなのです。

 

まずはtravel
こちらは中世代に由来します。

 元々travelは、中世、罪人が遠隔地の教会を巡礼して回る、贖罪の行動を指していました。それはそれは、辛い旅で、様々な困難、トラブルがあったと言われます。

そうtroubleの語源もtravelなのです。

 またtrouble続きで病になる人も多かったようで、遠隔地に向かう間の各地に病院、ホスピタルが作られました。そしてこのhospitalが時代と共に形を変えて、hotelになったと言われております。

同様の事が、古くから日本でも行われてました。贖罪としての『お伊勢回り』です。ミソギとして、伊勢神宮を回る。ここに日本人の魂、原風景があるように感じます。

ちなみに、余談ですが、江戸時代、お伊勢回りをしっかりと行うようサポートしていた方々が居たそうです。これが日本におけるツアーコンダクターの走りと言われています。



さて、次はtourについて

こちらはtravelと異なり、教育的な側面が強いと言われております。

英国ヴィクトリア時代、その時代の文化の先進国はルネサンスにより栄えた、イタリアやフランスであり、イギリスは文化的に遅れていました。そこでヴィクトリア女王は、貴族の子弟をイタリアやフランスの各地を回って、高い英知を身に付けさせる留学を国策として取り組んだのです。各地をくるくる回る行動が、爪先でくるくる回るバレエの様だと表現されたことから、爪先を意味すりtoeがなまりtourになったと言われています。

 

traveltour
贖罪と留学。

どちらも、旅する人にとって、様々な物を得る事が出来る貴重な経験なのではないでしょうか。

 

現代においても然り。


旅は生きていく為に必要なものなんじゃないかな?

と、思うのです。

>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG