fbpx

【ロンドン・ヒースロー空港で空港泊は可能か】アクセスとベンチで寝た感想。

 

ロンドンのヒースロー空港に着いたのは夜の11時。


翌日早朝の飛行機に乗るので、 



その日は空港で一夜を明かすことにしました。 




こんにちは、studio iota labalのビビリな冒険家・前田サキ(@nagareruiota)です。


早朝便の安いチケットを買ってしまったあとに、しまった!と思ったことのある方は、いるでしょうか?

おもむろですが、女性一人でヒースロー空港で空港泊(野宿)は可能か!?という体験レポート(をすることになりました)です。


いきましょう。


さぁ、冒険の始まりだ!!

 


空港と市内は地下鉄ピカデリーラインで繋がっています。 



ロンドンの中心部までオイスターカードを使えば、3.1ポンド。(2017年12月30日/オフピーク時。) 


乗り換えも無く済み、運賃も安いので、荷物さえ少なければ一番便利な交通手段。


節約派なら、地下鉄! 

ただし古い駅が多いので、重たい荷物を持っていると階段がのぼれず泣きそうになります。


が!!!


街の人が必ず手を差し伸べてくれます♪

バナナの皮も落ちてるよ。

 

ヒースロー空港のターミナルについて。


ヒースロー空港にはターミナルが5つ。 



ターミナル1.2.3は地下でつながっており、ターミナル4ターミナル5は離れているので、ほかのターミナルとは無料の鉄道かバスを使って行き来することになります。 

特にターミナル4を利用する場合は注意が必要です。

ピカデリーライン西方面行きWestboundは、ヒースロー空港以外にアクスブリッジ(Uxbridge)行きがあります。 


また、ヒースロー空港行きでも、

| ターミナル4へ行く便
| ターミナル5へ行く便



2種類があります。

間違ってターミナル5駅まで乗ってしまうと、ターミナル4駅の手前の Hatton Cross まで戻るか、ヒースロー・エクスプレスでヒースロー・セントラル駅まで乗って、ターミナル4行きの連絡電車を待つこととなり、結構時間がかかることになるので注意が必要です。 


また、イギリスは比較的安全な国ですが、地下鉄内でのスリなどには注意してくださいね。

 

ヒースロー空港、ターミナル4ゆっくりで夜明けを待つ。

[06:45 発の ローマ行き ]に乗るので、ターミナル4へ。

空港内にはいくつかホテルがあり、ターミナル4には快適な「Hilton London Heathrow Airport」、カプセルホテルスタイルの「YOTELAIR」がありますが、


ターミナル内のホテルで、一泊するという選択肢は今回はなし。
街に出てホテルを探し早朝タクシーで向かう選択肢も今回は、なし!


空港で夜を明かしながら待つことにしました。



地下鉄ピカデリーラインを降りて、左手に小さなコンビニがあります。
ここで夜食を調達。

日本のコンビニ弁当とは違って、ちっとも美味しくなかったわ★


 第4ターミナルの出発エリアには8軒のレストラン・カフェがあります。


今回は空港泊となるため、全てが空いている時間とはいきませんが、これらのお店の価格はすべて市内水準と同じ。


空港だからと高めの値段設定にはなっていないのは、嬉しいです!


「COSTA COFFEE」は24時間営業です。

 

ヒースロー空港は24時間営業の空港です。



夜中のヒースロー空港は、閑散としています。


時おり旅行者が通り過ぎるものの、物音も少なく、とても静かです。



この時が初めての空港泊だったため、とってもドキドキしていましたが、


ピリピリと肌を刺すような殺伐とした空気もなく、


寝られそうなベンチを探します。




[快適な空港泊のために用意したもの]
 マクラ、上着。 ※念のためお財布と携帯は鞄の内部にウォレットチェーンで繋ぎました。



また、私の経験ですが、空港や地下鉄内で物品を盗られたことはありませんが、飛行機に預けた荷物から抜かれたことがあります。

特にバックパックを預け入れる際には、貴重品、時計などの金品は入れないようにしてみてください。





ヒルトンホテルの直結口の近くに、そこそこ寝られそうなベンチを発見♡
快適な睡眠には欠かせない条件である、”ブチ抜き型ベンチ”となっています。

バックパックを枕に横になってみますと、


これは快適ではありませんか!!←初の空港泊の感想

ホテルの出入り口の近くで、何かあったら駆け込もう…!という安心感もあり、眠さが勝ってここで就寝。

 

元気に飛び立ちます!

あぁ…夜明けだ。バックパックを枕に、熟睡していました。

起きてからすぐに搭乗手続きできるのが、安心です。

ところが朝早すぎて、出発の1時間半前では荷物を預けるカウンターが空いていません!!(←朝5時過ぎ)



同じように、やってきた人たちもウロウロ。

そうこうしている間に、あっという間に行列が出来てきました。

マイペースな空港ね。

翌朝の搭乗手続きの締め切り時間は各社で異なります。


常に長距離便利用の人々で混んでいるため、結構並ばされることもありますから、空港泊とはいえ時間に余裕を持ってスケジューリングしてみることをおすすめします。


まとめ

| ヒースロー空港では女子1人でも空港泊は可能。


| 24時間空いてる「COSTA」もあり。


| 地下鉄の場合はターミナルによって降りる駅が違うので注意。


| 心配な方は空港直結のホテルもあります。



みなさまにとって、良い旅となりますように。
Have a nice trip♪


■関連記事
【空港 野宿で検索!】関西国際空港で夜明けを待ち続けたお話し

 

 ライター 前田 紗希
 
□■□■□■□■□■
【studio iota label】
 
流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。
 
流れるイオタ 1st Album “The world is beautiful” Trailer [旅に似合う音楽]
 
 
【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG