【デンマークの水族館】青い地球「ブループラネット」はコペンハーゲン空港から徒歩圏の観光地。

九州ほどしかない小さな国でありながら、世界のデザインをリードするデンマーク。

近年人気を集める北欧デザインの中でも、数々の巨匠を輩出し続けるデザイン大国です。


デンマークの家具や日用品の大きな特徴は、シンプルな美しさと機能性、高いデザイン性と技術力を備えていること。


誰もが良質で快適な住まいを持つことを推奨し、真に豊かな暮らしを意識した工夫が、随所に見て取れます。



本日は、
デンマーク・コペンハーゲンにある、お出かけスポット。

大自然と近未来的なイメージを融合させた建築デザインがとても素晴らしい、

北欧最大級の水族館「Den Blå Planet(デン・ブロ・プラネット/ザ・ブルー・プラネット)」訪れてみたレポートをお送りしたいと思います♪

コペンハーゲンの”お出かけスポット” 北欧最大級の水族館。

コペンハーゲン空港近くのカストラップ駅に位置する、

ザ・ブルー・プラネット」は、

近未来を思わせる建築の水族館です。
この斬新でモダンな外観。一切無駄な装飾が無くとてもシンプルで、デザインの国・デンマークの美意識の高さが伺えます。


デザインはデンマークの設計事務所3XNによるもので、2013年の世界建築フェスティバルでは「ディスプレイ賞」を獲得し、世界からも評価を受けています。

銀色の曲線を描く建物が、水面に写る姿はとても綺麗です。
そして少女が可愛い!!
黄色い建物も鮮やか!!

コペンハーゲン北側の郊外にあった水族館が移転したもので、北ヨーロッパ最大の規模を誇っています。

デンマークに最初に水族館がオープンしたのは、1934年のクリスマスイヴの日。父と息子のちょっとしたある夢の会話をきっかけに、その5年後に父親のクヌッド・ホイゴード氏が、水族館設立を実現しました。

当時、ヨーロッパで2番目に大きかった水族館は、開園ひと月で来場者が7万7千人にもなりました。
水族館は徐々に規模を大きくして行ったのですが、当時の場所では運営が難しくなり、2013年にコペンハーゲン空港近くに移されました。

2007年に新しい水族館の設計コンペがあり、最終的に6つ残った設計事務所の中で、3XNがBIGやヘニング・ラ―セン事務所らを抑えて勝利しました。

新しく生まれ変わった「デンマーク水族館ブループラネット(青い惑星)」は、北欧最大を誇る渦巻きの形をした奇抜なデザインの建物の中に、総量700リットルの水を使い、53個の水槽の中では約2万種の魚と海洋動物が生活しています。
参照 https://skyticket.jp/guide/97566




家族連れにも人気が高いことが伺えますね!



アクセス方法とお値段

行き方は簡単。カストラップ国際空港からメトロで一駅のKastrup駅が最寄りです。

メトロの駅を出たらDen Blå Planet (The Blue Planet)という看板が示す方へ歩いていきます。



私たちは空港のターミナル3から徒歩で訪れました!

飛行機が頭上を飛んでいます。

 

◉入館料
大人 170DKK
子供(3〜11歳) 95DKK
3歳未満は無料。

ツーリスト向けのコペンハーゲンカードがあれば入場料は無料です。

◉営業時間
月 10:00-21:00
火‐土 10:00-18:00
 
コペンハーゲン中央駅と空港から、無料シャトルバスも運行しています。
タイムテーブルは公式サイトを参照
 

美しき地球の内部へ。

行ってきまーす!展示は3つのゾーンに分かれており、それぞれ、中央のエントランスホールから放射状に広がるような作りになっています。

照明を落とした館内に、青い水槽が映えます。

頭上を舞うように泳ぐ魚たち。

水族館最大の水槽のコーナー。まるで映画館のようになっています。

海の中にいるような気分になるガラス製のトンネル。


パノラマの中をひらひらと泳ぐ熱帯魚が綺麗です。

ピラニアやアロワナなど、アマゾンに住む魚のブースが見どころ!(←ここ北欧)
熱帯雨林の川や湖を再現した植物園になっていて、たまに雨も降ってくる仕様です。

水族館のカフェテリアは、海の見える気持ちいいところで、「PICNIC」というスペースで休憩する人もちらほら。



実は





一番素晴らしいと思ったのが、水族館の外に出た時!笑



中庭みたいな感覚で外に出られるのですが、



水力発電の風車が見えたり、空港が近いので、離着陸する飛行機を目にすることもできます。


デンマークに訪れた際は、ぜひ行ってみて下さい♪♪



住所:
Jacob Fortlingsvej 1 Copenhagen

地下鉄 カストラップ駅より徒歩5〜10分。看板に沿って進んで下さい。
またはコペンハーゲン中央駅、空港より無料シャトルバス。



走り回る子供達。
手を繋いで散歩する親子。
デートするカップル。


空港へ向かう、私たち。



 ライター 前田 紗希


□■□■□■□■□■
【studio iota label】
 
流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。
 
流れるイオタ 1st Album “The world is beautiful” Trailer [旅に似合う音楽]
 
 
【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG