fbpx

【火星大接近】惑星の急接近は新しいエネルギーの流入サイン!2018年7月31日は火星観測の大チャンス。

 

国立天文台(NAOJ)が、「2018年7月31日に火星が地球に接近し、観察するチャンス」と発表しました。



最接近時の火星と地球の間の距離は5759万キロメートル。


15年ぶりとなる大接近だそうです。



これは、ワクワクしちゃいますね!!(゜∇゜)



こんにちは、studio iota labelの前田紗希(@nagareruiota)です。


5月10日に木星が地球に大接近することをスタートに、

土星、続いて火星が大接近と、今年の夏は絶好の天体観測シーズン。



火星は木星よりも明るく、肉眼でも簡単にオレンジ色の輝く星が見えるため、晴れていれば7月下旬から8月上旬までは毎晩目にすることができます。


空を見上げれば、夜9時ごろ南東の空に昇り、真夜中過ぎには南の空へ移動します。

「惑星が近づいたり遠ざかったりする」ってどのようなこと?



太陽系を家族に例えてみると、このような感じになります。 

恒星(親) : 太陽

惑星(子供) : 水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星


衛星(孫) : 月(地球)、フォボス・ダイモス(火星)、イオ・エウロパ・ガニメデ他(木星)、
タイタン(土星)、ミランダ(天王星)、トリトン(
海王星)etc.



太陽系の惑星(子供)は、それぞれ違う軌道や周期で、恒星(親)のまわりをぐるぐると公転しています。

回ってるスピードも軌道も違うのですから、惑星同士の距離は、いつも大きく変化し続けています。


惑星(などの天体)が地球にもっとも近づく状態のことを「地球最近」と呼びます。


校庭の中で、一周400mで走ってる人と、一周200mで歩いてる人と、楕円みたいな軌道の人とかが、混ざってる感じ?(それが一堂に近付くって、すごいことじゃん!!)




太陽から見て地球と火星が同じ方向になった瞬間のことを「会合」といい、そして、会合のころに地球と火星の距離が最も近くなることを、「最接近」といいます。


(きっと校庭の中で、好きな子と最接近する瞬間を狙・・・おいこらやめて)


 

惑星の最接近日を調べる

今回の発表では、火星の最接近の情報が特集されていましたが、今年の夏は、夜空に金星、木星、土星、火星が集合します。


木星 5月10日
土星 6月28日
火星 7月31日


この3つの惑星が連続的に地球に最接近して、空のほぼ同じ方角に明るく並ぶのは、

なんと大正11年(1922年)以来、約1世紀ぶりだそう。


運の良い天体ショーあることがわかります。



4つの惑星がそろう瞬間の、観察に適した時刻は、日の入り後30分から1時間30分くらいまでの間です。



4つの惑星は近づいたり離れたりしながら、8月いっぱいくらいまでは同時に見ることができます。


そのうち、地球に最接近した火星が、大変明るく輝いています。

Source: 国立天文台





「火星」のもつパワフルな変化



約100年ぶりの運が良い天体ショー。



こんなラッキーが訪れるのだから、内面の変化も起こりそう。



それもそのはず…!





火星接近のメッセージは



ダイナミックな変化。

だそうです。




可能性を秘めたチャンスや人脈、運命の恋人


などのギフトがドカンとやってくるイメージ。





これからあなたの中には、燃えるような勇気や行動のパワーが湧いてきます。

 

 

なんとなく惹かれたものに対して、 自分のカンを信じて、

胸を張って突き進んでくださいね。

 

という意味のようです。




どんなギフトが届くのか楽しみですね!



そしてこれは自分の本当の願いや成長について、振り返るきっかけとなるのではないでしょうか。



なんといっても火星のもつパワーは、勇気行動ですから!期待ですね。


遠くて近い火星。そこに手が届くのは、いつになるでしょうか。


次の大接近は2050年になるそうです。

「そのころには人類が火星に到達しているかもしれない」…と、国立天文台の文章に綴られていました。




今回のイオタビは「自分たちの足で行った場所」ではないので、いちファンとしての情報まとめになります。


われわれの”イオタ”という名前も星の名前。

平成最後の夏。奇跡みたいな天体ショーから、目が離せません。


      




関連記事→→速報【NASAが重大発表】 | 太陽系の外に生命が存在しうる地球に似た星が7つもあるってすごくないですか

 ライター 前田 紗希
作曲、アレンジ、ドラム、鍵盤プレイヤー、時々フォトアーティスト。
旅の風景×インストゥルメンタルミュージックをテーマにした日本の音楽レーベル
「studio iota label スタジオイオタ」代表。
 

□■□■□■□■□■
【studio iota label】

流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

流れるイオタ 1st Album “The world is beautiful” Trailer [旅に似合う音楽]
 

【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota

>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG