急速なデジタル機器の発展ともに、

旅のスタイルは間違いなく変わったと思います。

海外の知らない都市で「野良WIFI」を探し回らなくても、
空港でSIMカードを買ってすぐに入れ替えられる。

旅の途中で取得した航空券を言葉もわからない海外の田舎町の漫画喫茶でプリントアウトしなくても、
スマホに保存した番号でゲートが通れる。

個人で民泊を探せる。

そして旅で最も便利になったことといえば、自分で好きな飛行機を組み合わせてチケットを購入できる事でしょう。

遠い昔ではない。2010年代の話です。


経由地を決めて航空券を購入する

こんにちは、studio iota labelのビビリな冒険家・前田サキです。

自分で好きな飛行機を組み合わせてチケットを購入すると、途中の都市で外に出ることが自由になります。

具体的にはこんな感じです。まず、行くエリアを繋ぐ航空券を決めます。

東南アジアを周遊する際に関連するルートを検索しましたが、さまざまなパターンが出るわ出るわ(笑)

私はバンコクが好きなので、バンコク経由のある航空券を選びました。

 

17:35 ヤンゴン(ミャンマー) ー 19:30 スワンナプーム(タイ)

1:45 スワンナプーム(タイ) ー 8:05 那覇(日本)

 

夜間の待ち時間が、

6時間ほどあることが分かりますね。

 

国際線は1時間半〜2時間前にはチェックインしておきたいところ。

なもんで、実質4時間の自由時間があります。


スワンナプーム空港

バンコクにはスワンナプーム空港(BKK)ドンムアン空港(DMK)の2つがあり、場所や使い勝手が若干異なります。

特にエアポートリンク(高速鉄道)が乗り入れているスワンナプーム空港は、

交通渋滞を気にせず市内まで30分でアクセス。

数時間の待ち時間の場合でも、時間を読みながら適切に街中に出ることができるのではないか?

と考えました。

 

 

そもそもスワンナプーム空港には、東南アジアの巨大ハブ空港にふさわしい、さまざまな施設が用意されています。

無理して外に出なくても空港内でマッサージを受けたり、買い物や食事を楽しんだりと十分に快適に過ごせますが、



ここは個人旅行の強み♡

 

夜のバンコクに訪れたら、どうしても見てみたいものがありました。

 

タラートロットファイ・ラチャダー


カラフルなテント夜景が美しいナイトマーケット!!です!!!

 

スワンナプーム国際空港に到着後の流れは「入国審査 → 荷物受け取り → 税関 → 両替 → 一時荷物預け → 市内移動」

になります。

 

高レートの両替店はエアポートリンク(鉄道)の駅を目指す!

ナイトマーケットに行くなら、まずは空港で現地通貨のタイバーツに両替したいですよね。しかもお得に。

スワンナプーム空港での両替は、2階到着フロアにある両替所ではなく、エスカレーターを下って、

地下1階のエアポートリンク(鉄道)乗り場近くに数軒ある両替所が高レートです。

 

街にある両替所とほぼ変わりません。

この両替所エリアの営業時間は、5時半頃から23時までです。

 

日本円の両替はもちろん、世界中で余らせた通貨をタイバーツに両替してみてはどうでしょうか。

よほどマイナーな通貨でない限り、世界中の通貨の紙幣が両替可能です。

 

空港に荷物を預ける

トランジットで街中に出るなら、荷物を空港に預けたい方も多いと思います。

両替所と同じく地下1階のエアポートリンク(鉄道)乗り場近くにある『エアロポーテルズ』は、

荷物の大きさに関係なく料金が同額です。

日数 料金
1日 100バーツ
7日 500バーツ
30日 1,500バーツ


荷物を預ける流れ

荷物を渡してiPadに情報(CUSTOMER INFORMATION)を入力します。

  • 名前
  • パスポート番号
  • 電話番号
  • メールアドレス

が必要となります。

 

レシートをいただくので、それが引換券になります。

 

3日以上預ける場合はバンコク市内の任意の場所(ホテルなど)へ無料で配送してもらうことも可能。

事前に預け入れ・配送をする予定があれば、以下の日本語サイトから予約することができます。

 

名称: AIRPORTELs
場所: エアポートレールリンク改札口近く(両替商の並ぶエリアの奥)
営業時間: 24時間

 

旅行者には嬉しいサービスですね。

荷物を預けて身軽に観光に行きます〜。

 

続き

タラートロットファイ・ラチャダーへアクセス!

【絶景タラート・ロットファイ・ラチャダー】バンコクで4時間のトランジットの間に夜景が美しいナイトマーケットへ。 



 

■関連記事

【ヤンゴン】ミャンマーってどんなところ?行ってみたいな黄金の聖地の街とグルメを1日で巡る! 

【ルアンパバーン】ラオスの世界遺産の街!行ってみたいな女一人旅 | 空港から市内までとグルメ

【重慶大厦〜ラオス紀行】相手は変わらない、とらえ方が変わるだけ。東南アジア最後の秘境

 ライター 前田紗希

作曲家、ドラマー、RECエンジニア
国立音大⇨世界一周⇨NY
『studio iota label』旅×音楽の9事業の社長・編集長
音楽療法/写真/SEOライター/カフェ

 

□■□■□■□■□■

【studio iota label】
日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。

Burt Bacharach【(They Long to Be) Close to You】イシタニタイジュ×前田紗希/鍵盤ハーモニカ SUZUKI MELODION

 

【ウェブサイト】http://studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG