こんにちは、studio iota labelのビビリな冒険家・前田サキです。

ミャンマーのヤンゴンから日本に帰る際、バンコクで6時間ほど時間があり空港で荷物を預け、市内観光をしてきました。

夜のバンコクに訪れたら、どうしても見てみたいものがありました。

 

タラートロットファイ・ラチャダー

カラフルなテント夜景が美しいナイトマーケット!!です!!!

 

ターラットロッファイ・ラチャダー(Talat Rotfai Ratchada)の場所は、

MRTのタイランドカルチャーセンター駅が最寄りです。

スワンナプーム空港からエアポート・レイル・リンクですとマッカサン駅で乗り換えです。

 

経由地を決めて航空券を購入する

自分で好きな飛行機を組み合わせてチケットを購入すると、途中の都市で外に出ることが自由になります。

具体的にはこんな感じです。まず、行くエリアを繋ぐ航空券を決めます。

東南アジアを周遊する際に関連するルートを検索しましたが、さまざまなパターンが出るわ出るわ(笑)

私はバンコクが好きなので、バンコク経由のある航空券を選びました。

 

17:35 ヤンゴン(ミャンマー) ー 19:30 スワンナプーム(タイ)

1:45 スワンナプーム(タイ) ー 8:05 那覇(日本)

 

夜間の待ち時間が、

6時間ほどあることが分かりますね。

 

国際線は1時間半〜2時間前にはチェックインしておきたいところ。

なもんで、実質4時間の自由時間があります。

 

空港で両替して荷物を預ける流れ

飛行機を降りたら、急ぎ足で入国審査を抜けます!

スワンナプーム空港は「国際メガハブ空港」として毎年数多くの人に利用されている空港ですので、団体客にかち合うと、かなり並ぶことになってしまいます。

スワンナプーム国際空港に到着後の流れは「入国審査 → 荷物受け取り → 税関 → 両替 → 一時荷物預け → 市内移動」になります。

前回のお話し

地下一階、エアポート・レイル・リンク乗り場。

 

空港からエアポートリンクに乗車

スワンナプーム空港からエアポート・レイル・リンクに乗ってマッカサン(Makkasan)駅へ。

 

年間平均気温は30℃ちかくあるバンコク。

それが好きなところなのですが、

車内は冷房が効いていて快適、ホッと一息の瞬間です。

 

とっても足の綺麗な方たち。会話をし始めると、どちらも素敵な「男声」です。


 

マッカサン(Makkasan)駅に到着。

改札を出てから徒歩で、MRTペチャブリ駅(ペップリー駅)に乗り換え。

スカイウォークで繋がっているので、何気にオシャレ。

 

タイランドカルチャーセンター駅で下車。

エアポートレイル35B、地下鉄19B

 

<ナイトマーケット> タラートロットファイ・ラチャダー

MRTタイカルチャーセンター駅・3番出口を出てすぐのところに、「ESPLANADE(エスプラナード・ラチャダー)」というショッピングセンターがあります。

 

ESPLANADE」へ入り、3階~5階の駐車場へ。


 

駐車場へ行くとナイトマーケットの綺麗な夜景が広がっています!

 

いきますよ?

 

3階

とても幻想的な夜景です!

 

4階

階を上がるごとに景色に角度がついてきます♪

 

5階

エスプラネードの営業時間内(22:00まで)であれば、エスプラネード内のエスカレーターを利用できます。

一番盛り上がるのは20時から22時の間です。この時間に行くのがオススメ。

 

さて!下のマーケットに行ってみます。

食べ歩きができますが、食事をするスペースもあります。

 

手づかみで食べるシーフードもありました。

 

いろいろ挑戦してみてください^^


 

日本でいうと冬の時期。華やかな服装。

入り口付近には、雑貨や服。

 

空港に預けた荷物を24時の日付が変わるまでに、ピックアップしたかったので、そろそろスワンナプーム空港に戻るとしましょう。

 

でっかいクリスマスツリーが飾られていました。

半袖で過ごすクリスマス!!!

こんなに近いのに、世界って広いんだなあ。

 

 

おつかれさまでした

「スワンナプーム空港駅」から「タイカルチャーセンター駅」まで、

ゆっくりと向かって40分くらいで到着です!

 

ショッピングセンターから夜景を見渡す事が出来て絶景なうえ、鉄道なら渋滞もありません。

 

電車と歩きだけで、気軽に訪れることのできる夜景。

絶景が広がる超スポット。
おすすめです。

 

元気に那覇まで向かいまーす!

 

 

■関連記事

 

【ヤンゴン】ミャンマーってどんなところ?行ってみたいな黄金の聖地の街とグルメを1日で巡る! 

 

【ルアンパバーン】ラオスの世界遺産の街!行ってみたいな女一人旅 | 空港から市内までとグルメ

【重慶大厦〜ラオス紀行】相手は変わらない、とらえ方が変わるだけ。東南アジア最後の秘境

 

 ライター 前田紗希

作曲家、ドラマー、RECエンジニア
国立音大⇨世界一周⇨NY
『studio iota label』旅×音楽の9事業の社長・編集長
音楽療法/写真/SEOライター/カフェ

 

□■□■□■□■□■

【studio iota label】
日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。

Burt Bacharach【(They Long to Be) Close to You】イシタニタイジュ×前田紗希/鍵盤ハーモニカ SUZUKI MELODION

 

【ウェブサイト】http://studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG