【ホーチミン】そこでも僕は、知らず知らずのうちにアジアの色彩に惹きつけられて、レンタルバイクでベトナムを回った。

風の吹くまま気の向くまま。ベトナム・タンソンニャット国際空港のイミグレーションを抜ける。

東南アジア特有の匂いと蒸し暑さ、お決まりのタクシードライバー達の勧誘がお出迎えしてくれると、冒険スイッチが入り、日本ではお人好しで断るのが苦手な性格の僕も「No」とはっきり言えるようになっている。

歯磨きセットと服一式、フェイスタオル2枚、携帯の充電器をリュックに詰め、泊まる場所も決めないないままに乗った、ホーチミン行きの飛行機。

成田から約6時間のフライト。時差は日本のほうが2時間進んでいる。


 

毎年冬が始まるこの時期になると、僕の人生には何かしらの転機が訪れる。

2018年、11月。この年は、自身の営む事業が主要取引先から突然の契約解除を宣告された。

経済的に大打撃を受けて先の見通しが全く立たなくなり、僕はとりあえず1度大きく深呼吸をした。

「こんな師走に新たな取引先を探すのも至難の業だ。こうなったら久しぶりに、心機一転2019年を迎える為、東南アジアの国へ旅に出よう」そう思った。

 

東南アジアにある国々の中で、まだ渡航したことのない国を頭の中で並べる。

インド、カンボジア、シンガポール、ネパール、ベトナム、マレーシア、ラオス。僕のアンテナに引っかかったのは、ベトナムにあるフーコック島だった。

旅好きの仲間から勧められた情報によると、フーコック島はベトナム最後のリゾート地と呼ばれる秘境。

島の西側ではベトナム国内で唯一サンセットを見ることができ、その夕陽は東南アジアイチ美しい。

まだリゾート開発が完全に進んでいない今こそが、本物のリゾートを体験することが出来る最後のチャンスだ、とのこと。

 

ベトナムの雨季がちょうど11月で終わり、湿度も雨も減る12月。

夢中になれる冒険と癒しが欲しくて、迷わずベトナムを選んだ。

確保することの出来た予定は約10日間。僕のこれまでの旅で最も長期間となった。

 

はじめに向かったのは、「ブイビエン通り」と呼ばれるバックパッカー街。

空港からホーチミン市内までは、比較的安全なタクシー会社 ビナサン(VINASUN)を選び移動した。

交通機関のタクシーがぼったくりが多いので気を付ける必要がある。

 

キラキラのネオンが光るバーが立ち並び、各々のお店から流行りのクラブ音楽が爆音で外に聞こえてくる。夜になると多国籍な旅人が集まり、その1日をより最高の思い出にする為にビール片手で騒いでいた。

賑やかで歩くこともままならないウォーキングストリート。携帯を片手に気を緩ませて歩いていようものなら、あわよくば盗もうと目を光らせる怪しい輩が、容赦なく跡をつけてくる。

 

カオスな街を歩いていると、10歳に満たないであろう子供達が、ファイヤーパフォーマンスをしてチップを稼いでいた。火の付いた棒を2本持って回したり、アルコールを口に含んでその棒に吹き掛け、火炎放射をするパフォーマンス。

もちろん吐いたお酒はストリートに落ちるので道が燃えている。

 

日本の繁華街で同じ事をしたら即通報、即逮捕だろう。道が燃えるのも勿論問題だが、更に問題なのは小学生くらいの子供が、火が付くほどアルコール度数の高い酒を口に含んで色々と大丈夫なのか?

僕が見た男の子は視点が定まらず、唇は腫れ上がっていた。

お金の存在に複雑な気持ちになったが、これもホーチミンだけに限らない、ひとつの現実であった。

 

飛行機での移動の疲れもあって、「ブイビエン通り」にあるビールバーで腹ごしらえし、現地のポピュラーなビール、サイゴンビール、333(バーバーバー)を飲み干すと、

天気も良かったので通りから少し歩いた安全そうな場所で、リュックを背負ったまま仮眠をとった。

 

真夏のような暑苦しさに目を覚ました。

リュックを背負ったまま野外で眠った体は、思いのほか元気だ。

レンタルバイクを借りに向かう。1日のレンタル料金は500〜600円だった。

 

ご存知、ベトナムのバイク交通量は上海に匹敵、いやそれ以上だ。

普通の交通ルールを誰1人として守らない上に、交差点によっては赤信号でも右折が出来るという謎のルールがある。隣や前を走るバイクとの接触は日常茶飯事。

ホーチミン市内での運転には少しコツがいるかもしれない。もし訪れた際は細心のご注意を願いたい。

 

 

地図を見ながら僕が最初に到着したのは、観光でも有名な「ベンタイン市場」。

バイクを停めて市場の中へ入ると、碁盤の目状に無数のお店がひしめき合っていた。

 

採れたての鮮魚や果物、お土産や雑貨など色々なお店が集まっている。ちらほら偽ブランドコピー品の数々もあった。これも東南アジアの市場ではお決まりなのだが、ぼったくりや腕を掴んでの客引きが平気で横行していた。

 


次に、旧首都サイゴンの街並みが僅かに残る、発展途上の「
ホーチミン市内を適当に走り回っていた。

するとスターバックス・コーヒーを発見。
WiFiを繋いで今晩の宿を探す為に立ち寄る。

日本で大好きなダーク モカ チップ フラペチーノを見つけて注文したが、届いたフラペチーノは温く、日本で当たり前にある氷のシャリシャリはなかった。

 

気を取り直してスタバで今夜の宿探し。今朝、バイクを借りてから最初に行った「ベンタイン市場」のすぐ近くにある、1800 ほどのホテルを予約してチェックインすることに。

値段の割に、ホテルは綺麗で虫もいなくて冷房も完備。

隣の部屋との壁の薄さは気になったが、それ以外はいたって快適だった。

2日ぶりのシャワーを浴びて、クーラーの効いた部屋で涼んでいるうちに、安心して寝てしまった。

 

 

20時頃にクーラーの寒さで目を覚ました。

このまま眠るか少し考えた挙句、

昼間とは違う街の顔を感じるために、アテもなく再びバイクで「ホーチミン市内」を走り回ろうと決めた。

 

ローカルな公園にダンボールを敷いて住む現地人と、普段は吸わないタバコを貰って一緒に黄昏てみたり、

訳もなく気が向いた路地に入ってみたり、

地図に書いてない場所までバイクを走らせたり、とりあえず夜のホーチミンを堪能する。

 

 

バイクを停車し、昨日と同じく賑わう「ブイビエン通り」のウォーキングストリートのネオン街へと舞い戻った。

ストリートに面した席に座って、楽しそうな旅人達と流行りの音楽をつまみにビールを飲んでいると、徒歩の商人がオイルライター、サングラス、タバコ、お守り、おもちゃ、なんでもかんでも次から次へと売りつけに来る。

すべて「No thank you」と断る中、とても印象的だったのは靴磨きの少年だった。

5センチくらいのナイロンブラシを持って僕の足元に跪き「靴を磨くよ」とゴシゴシするジェスチャーをしている。

彼が磨こうとしているのは、ほぼ剥き出しになった僕の素肌とスポンジ製のビーチサンダルだった。くすぐったいだろ、やめてくれ。

 

そんな賑やかなホーチミンの夜も更けていき、街を眺めながら朝までお酒が抜けるのを待ってホテルへ戻り、シャワーを浴びて滞在2日目の床に就いた。

 

ベトナム滞在3日目。朝帰りだった僕は夕方まで眠ってしまった。

明日は、旅の目的地、フーコック島に行く日だ。

 

ホーチミンで行きたい場所が思い浮かばなかったのと、少しばかり体力を回復させたかったので、ホテルから徒歩で行ける距離にあるマッサージ店へ足を向ける。

30500円という激安でフットマッサージをしてくれるのだが、これが最高に気持ちいい。

この体験が、のちにベトナム滞在時での大きな助け舟となるのである、、

 

ホテルの部屋に戻り、フーコック島への飛行機チケットと宿泊先を予約し、島の下調べを済ませた。

フーコック島への行き方は、飛行機で約1時間。

ちなみに、船で約7時間かけて渡るという選択もがある。

船酔いに弱い僕は迷わず飛行機を選んだ。

 

明日からの新しい旅に胸を馳せながら、その日は早めの眠りについた。

 

 

 ライター Zen

「旅人⇔歌い手⇔経営者」の三足わらじ。幼い頃から地球儀をずっと回して眺めている子供だった。5歳からピアノを始め、音楽の世界に慣れ親しむ。海外の広い世界に憧れ、時間の許す限り東南アジア贔屓に旅を始める。行った先各地の文化的な音楽を聞くことが楽しみ。趣味はキャンプ。バンドのボーカルとしても活動中。

 

 

 

 

□■□■□■□■□■

【studio iota label】
日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。

Burt Bacharach【(They Long to Be) Close to You】イシタニタイジュ×前田紗希/鍵盤ハーモニカ SUZUKI MELODION

 

【ウェブサイト】http://studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota
>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG