fbpx

【呑んべ横丁】葛飾区立石に残る昭和なレトロスポットは本当の東京の姿か。

葛飾区立石に残る昭和なレトロスポット「呑んべ横丁」。

 

 

 
細いアーケードの中には、レトロな店がひしめき合い、


ディープな空間が、今宵も飲んべえたちを引き寄せています。



   




スカイツリーから京成線で10分くらいのこの場所は、



「京成立石駅」のすぐ側にあります。








呑んべ横丁について



ここは昭和28年頃に作られて、当時は立石デパートと呼ばれ、洋品店やカバン屋、食堂などが並ぶ、一般の商店街だったそうです。


 

 

その名残か、当時の洋品店の看板らしきものが残っていますが、


薄暗く湿った感じからは、あまり想像ができないですね。




漫画、こち亀では、「ここは九龍城ですか!?」と描かれており、



特に”落ちてきそうな室外機” が驚きポイント として 挙げられています。



 


廃墟・廃校を紹介するサイトにも、「迷宮」として載っている横丁で、



まさに、その呼び名にふさわしい場所です。





お正月で店が閉まっているのをいい事に、
普段お酒をあまり呑めないワタクシも、ゆっくりと迷宮の中を歩いていると





住民の方とお話しすることができて、

「ここは50年前くらいからあるんだよ」と話してくれました。



昭和28年から現在までを計算してみたら、







50年どころか、60年をちょっと越えているんですね。






まるで、マ○オ3のワールド7・・・!!




 

 

お家のガラスが割れてても、取り替えないんだそうです。

何故なら、路地でのケンカが絶えないので。


 

 

この日は、呑んべ街で出会った人とたくさん話しをしました。
 
なんだか、そう言うふれ合いみたいなのって普段あんまり無いことなので、
 
ちょっとした会話が、とっても贅沢な気持ちになるのですよね。
 
 
東京人は冷たい…などとよく言われてしまいますが、
 
江戸っ子は、むしろお喋りです(笑)
 
 
もしかしてこちらが本当の、東京の姿なのでしょうか・・・!!




 ライター 前田 紗希
□■□■□■□■□■

【studio iota label】



流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。



流れるイオタ 1st Album “The world is beautiful” Trailer [旅に似合う音楽]
 



【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota

>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG