多くの観光客でにぎわう街、浅草。

浅草に観光に行くとしたら何を思い浮かべるだろうか?

浅草寺を訪れて、仲見世商店街で江戸の風情と名物グルメめぐり。 御朱印もいいかもしれない。

洋食を食べて、渋い店や路地裏の美しさを感じる。

かっぱ橋道具街で「食」に関する巨大な厨房器具と店舗用品に、カッパ探しも楽しい。

川沿いには「隅田川テラス」という親水テラスが整備され、かの有名な”金の炎”が見える。

 

通りを歩けば、大衆酒場で昼間っからテーブルを店の外まで並べて飲んでいる人たち。

朝4時まで営業する喫茶店。

演芸ホールの賑やかな笑い声。

 

そんな浅草に来たら、おすすめの超穴場スポットがあります――

 

世界の太鼓資料館 太皷館


浅草で有名な老舗のひとつ宮本卯之助商店さんがつくった太鼓の博物館です。

 

maeda saki :  ライター(編集長)

東京都品川区うまれ。作曲家、ドラマー、RECエンジニア。
3歳より「心から出て心に還る音楽を」という教えのもと、裸足で畑を耕すところから培う教室でクラシックピアノを習う。また、キャンプ生活などを通して美術をする教室にも通うなど、自然とのふれあいの中で学び、育つ。国立音大附属中学ピアノ科を経て、国立音大附属高校で学内オーケストラに参加。
国立音楽大学作曲科へ入学、中学から始めたドラムに没頭する。バンド活動でデビューを経て国外や離島での演奏にモデルチェンジ。ロンドン、ベルリン、ニューヨークで演奏を積む。
25リットルのリュックとドラムスティックで世界一周後、旅と音楽と食を繋ぐレーベル「studio iota label」を設立。音楽療法など9つの事業を展開中。牛乳とじゃがりこが好き。

 

世界の太鼓900点を収蔵。

世界の太鼓資料館 太皷館

アフリカ、南米、アジア、オセアニア、ヨーロッパ、アメリカ、そして「和太鼓」。

世界各地の太鼓を一堂に公開する、大変珍しい博物館です。

 

収蔵されている太鼓は 900点ほど。

毎日1つ叩き続けても、2年半は持つ数です。

900点のうち、常時展示されているのは、材や形状が異なる 200点

なもんで、「展示替え」といって今までの展示品を倉庫で休んでいる太鼓と入れ替えをしたり、展示方法を変えたりするそうです。

 

カードに『♪』マークのついた展示品は、実際に叩いたり触って音出しが可能!

展示されている太鼓のほとんどを実際に叩くことができるんです。

 

ロックやジャズのバンドで使うドラムセットや、お祭りで和太鼓を見かけても、

実際に叩いたことがあるって人は多くないのでは?

 

こんな貴重な楽器を音出しさせていただける機会なんて、

そうそう滅多にあるもんじゃありません。

 

自分で演奏できる体験型スポット!!

え!



すごい!!!

 

世界各国から収集された打楽器が、まさに所狭しと展示されています。

一部の展示物は、非常に貴重なもののため、触ったり打ったりすることはできませんが、

それ以外は実際に太鼓を叩けるので、目で耳で体で振動で、体験型スポットとして楽しめるのです!

 

ゾウやキリンを使った珍しい太鼓も・・・!

 

縄文時代から日本が誇る伝統楽器、和太鼓。

THE GATE

 

世界最古の片面太鼓、フレームドラム。

浅草国際通り

 

ベトナムのエデ族の太鼓。

THE GATE

 

 

360度の太鼓天国。

気になったものへと駆け寄ります。

会いたかったぁぁぁぁぁぁ!!!

ドンドコドンンガドンドン。

 

紙資料も読んでて楽しいぃぃぃぃぃ!!!

 

世界中から太鼓を集めた理由は?

 

世界中から太鼓を集めた理由。

それは館長の宮本氏が「和太鼓づくりの参考に」と収集をしたのが始まり。

集めた太鼓を一般公開するために設立されのがこの資料館で、

太鼓や神輿など祭り用品のショップに、ミュージアムが併設した作りになっています。


 

質、量ともに他に類を見ない収蔵を誇る「和太鼓」はもとより、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカなど世界各地の太鼓を一堂に公開する博物館は、世界でも当館が初めてです。
世界の太皷資料館 太皷館 | 和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタルは宮本卯之助商店

 

歴史・文化・民俗学的観点からも貴重であるばかりでなく資料的価値では世界一級のものばかり。

取り扱いは愛を持って丁寧にですね!

 

神と人、人間同士の伝達手段などとして多様に伝承されてきた世界の太鼓を、より身近に感じていただければ幸いです。
世界の太皷資料館 太皷館 | 和太鼓・神輿の製造・製作・修理・販売・レンタルは宮本卯之助商店

 

多くの自然素材を使った太鼓に触れていると、

世界の楽器が太古から人間の生活や祈り、儀式と切っても切れない楽器であったことが、よく分かります。

 

太鼓の音が心臓に共鳴し、原始の血が呼び覚まされていくような

感覚を覚えるのです。

BEAT←叩く、心臓の鼓動、そして音楽の拍子という意味全てが含まれます。

これって偶然じゃないと思う。

朝霞市・新座市 Sumiピアノ教室 浅草でドドンガドンッ

 

 

音楽を聴いていて、鳥肌が立つほど感情を揺さぶられてしまったという経験はありませんか?


音楽(ムジカ)が生まれたのは四万年前。

音楽(ムジカ)=『神の創った世界の調和を知るための学問』

       =  原始・太古から培われてきた「音・リズム」→ 無意識の記憶

 

音楽=理屈?×

無意識の領域に働きかけます。

 

音楽(ムジカ)=『神の創った世界の調和を知るための学問』というけれど・・・

でも、大切なのは無意識の記憶。

学問ではなくヒトの記憶の繫がりです。

館内案内

1階、2階はショップ。

日本の祭と伝統芸能に登場する太鼓、篠笛、コンチキなどの他に、神輿や、法被、足袋などの衣装を販売しています。

 

階で博物館の入場券(500円)を購入し、エレベーターで4階に上がると「太鼓館」です♪

 

まずは触れてみることから如何でしょうか。

 

 

洋食屋『モンブラン』太皷館から徒歩2分。

 

宮本卯之助商店 太皷館

1988 年開業の伝統的な太鼓を展示する博物館。宮内庁御用達品、舞台用、オリンピックのセレモニーで使用された太鼓などを展示。

[住所]東京都台東区西浅草2-1-1 4F
[電話番号]03-3842-5622
[開館時間]10:00~17:00
[入館料]大人500円、子供(小学生)150円
[定休日]月・火曜 ※月曜が祝日の場合は開館
[最寄駅からのアクセス]銀座線 田原町駅から徒歩2分
つくばエクスプレス線 浅草駅から徒歩2分

 

■関連記事

・その国の魂の根源、民族音楽。世界を知るなら民族音楽から。東京で発見 多くの国の魂のルーツ。

・ファツィオリ ショールーム見学レポート | 追い求める根源は「音」!ピアノ発展は、演奏者の感性の発展と共に。

・【楽園商街】韓国最大級の楽器店に行ってみた!ナグォンサンガ 낙원상가
 

□■□■□■□■□■
【studio iota label】

日本の音楽レーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

前田紗希×tachibana【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインスト 30秒CM

 

【ウェブサイト】https://studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota

>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG