fbpx

JICA食堂はランチの穴場。国際協力機構でお得なエスニック料理を食し世界の太鼓を叩いてみる。


開発途上国への国際協力を行っている機関、JICAの中にある「J’s Cafe」は、色々な国の日常的なメニューを、ほぼ日替わりで手軽に食べられるので、とっても面白くオススメです!!!

各国の大使館の料理長からレシピを習い、お墨付きを頂いた、世界各地の珍しいその国ならではの「現地の味」。

色々なものを見て、触って、感じながら、世界の現状に対して、自分たちに何ができるのかを考えてられるような展示も無料になっています。
世界の太鼓も叩き放題だぞー。


 

こんにちは、studio iota labelの前田紗希(@nagareruiota)です。


東京、千鳥ヶ淵では、春になると桜が満開に弾けます。


お濠の周りは散歩に適した緑道。

緑道をあるく人が多すぎるため、三角コーンを据えた順路ができています。


ボートに乗るための長い行列。

階段で一休みする老夫婦。

写真を撮り合うカップル。

足早に歩きながら写真だけ撮って、あとは通り過ぎる。

というのも、
愛する故郷、東京らしい景色です。


千鳥ヶ淵から15分も歩けば、市ヶ谷の外濠公園へと到着します。


ここ市ヶ谷の「JICA地球ひろば」に、

開発途上国のメニューが食べられる超穴場のカフェがあるといいます!


JICAとは

Japan International Cooperation Agencyの略称で、
開発途上国への国際協力を行っている機関」です。

国際協力に携わる組織って漠然としていて、どんな活動があるのかよく分からなかったりしますが、

身近な例だと、青年海外協力隊でしょうか。

 

謎多きJICAへランチタイムに

市ヶ谷駅からは、徒歩10分ほど。

住宅街を通り防衛省のそばに位置しています。



入り口の自動ドアをくぐると、月間の国別展示コーナーと椅子があり、

ここで待ち合わせもできるもよう。



正面に総合案内があるので、

「食堂を利用しにきました!」と告げて、ゲストパスを受け取ります。

食堂は2階です。

手慣れた様子でゲストパスを受け取っていかれる人を眺めていると、

作業服を着た職人さんから、オカーサンの集まり、お子様連れの家族まで。

きっと近所の方にも親しまれているのでしょう!

ランチタイムは11:30~14:00。


せっかくですから「体験ゾーン」を見学していきましょう。

 

JICA地球ひろばの体験ゾーンで、世界の広さを感じる。

「JICA地球ひろば」の体験ゾーンは、入場無料で見学することのできる施設です。

JICAから青年海外協力隊員などとして、多くの人が国際協力の現場に行っていますが、自分たちの周りには色々な世界が広がっている、それを見る暇さえないというのが日本の現状だと思います。
世界が直面する課題について体験型展示で学ぶ体験ゾーン、国際協力・交流に関連する様々なイベントやセミナーが開催される交流ゾーン、食 私たち地球案内人と話をすることで、世界は広いんだぞ、広いけれど近いんだぞ、ということを感じてほしいですね。



フェアトレードワゴン。
(開発途上国で作られた作物や製品を、適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みです。)

座って読める本のコーナー
授乳室もあるわ。



世界の打楽器を叩いて試せる!



ダラブッカを叩くstudio iota 前田サキ「イェェェェェェイ!!!!」




係りの人が立ち上がる。






!!?


・(ドウシヨー)




地球案内人「あの、上手ですね!只者じゃないと思って。何かこういう楽器を、演奏していた人なんですか?」



studio iota 前田サキ「(照)ドラマーなんです。スミマセン←なぜか謝る」

私たちが楽器が演奏できることは、ファッションなんかじゃなくて、世界の誰かの心を温める事くらいは、出来るのかも知れない。

と、急激に心に沁みた出来事でした。(あと怒られるんじゃなくてよかった。)

ブルキナファソの小学校の教室模型。
色々なものを見て、触って、感じながら、世界の現状に対して、自分たちに何ができるのかを考えられるような展示になっています。



ラオス語スタンプ。

展示を見たりしているうちに、自然と色々な国への興味、関心が高まるのは、いいことですよね。

民族衣装を着てみることもできちゃう!!!

 

食堂「J’s Cafe」での、穏やかな時間!

開発途上国のメニューが食べられるカフェが、2階にある「J’s Cafe」です。

現地の味を楽しんで、食べ物を通じた国際交流をする。というコンセプトで、

週替わりのエスニックセット(650円)があります。その他にもカレー、パスタ、ラーメン、うどん、そば等の麺類、エスニックに飽きても楽しめそうです。



週替わりのランチ(500~550円)。なんだか学食みたいですね!



オススメは、大使館お墨付きメニュー(680円)という、世界の郷土料理。

売り切れ必至ですので、ランチはお早めに。



券売機で食券を買って、セルフサービスで受け取り、お好きな席へと着きましょう!!!


カウンター席では、世界のお料理のレシピを読みながら。


おひとり様でも利用しやすいのも嬉しいです。

 

お目当のガパオ。

辛くしたい方には調味料の準備もされています。



ランチタイム以外の時間は、喫茶コーナーで軽食やコーヒーなどのカフェメニューがいただけるようです。

私は3種類のフェアトレードのチョコレートをお土産に購入しました◎

 

「エスニック料理を食べに行こうよ?」

っていうと、ちょっと敷居が高い気がしてしまうのは、studio iota 前田だけではないのでしょうか?



材料もあまり詳しくない、値段もわからない、

ちょっと怖い!

そんな中で、J’s Cafeに行けば、色々な国の日常的なメニューを、ほぼ日替わりで手軽に食べられるので、とーーっても面白いです。



たった650円から、まだ見ぬ国の雰囲気が味わえるんですもの!



正直、まだ国際協力ってしたことがない。


興味はあるけれど、どこに行って何をすればいいか、わからない。



そんな自分にも、何ができるのか?見て、体験して、食べながら、気付ける瞬間のある場所です。


あたたかい気持ちで満たされながら歩く、帰り道。

こんな気持ちを、世界の子供達とも、分かち合えることができるのかな。



あぁ、楽しかった。

おすすめです。




JICA地球ひろば J’s cafe

営業時間 : 平日:10:00~17:00 土曜日:10:00~15:00
※平日、土曜日ともランチタイムは11:30~14:00

場所 : 東京都新宿区市谷本村町10-5 JICA市ヶ谷ビル2階
(注)JICA本部(千代田区二番町/最寄駅「麹町」)ではありません。

定休日 : 日曜日・祝日

 

 ライター 前田 紗希
 

□■□■□■□■□■
【studio iota label】



流れるイオタが立ち上げたレーベルstudio iota labelではCDの制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っている。

 
流れるイオタ【Official Music Documentary Film】夕焼けジャズ /シネマティック
[変拍子JAZZ 5拍子6拍子7拍子]
[旅に似合う音楽]
 



【ウェブサイト】http://www.studio-iota.com/
【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi
【note】https://note.mu/nagareruiota

>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG