fbpx

 

明るい、急に。先週まで着ていた冬物のコートから、
世の中の色が、明るくなったみたい。


雨だけどね。




秦基博さんが歌っていた、
rainという曲がある。


映画「言の葉の庭」という映画のEDテーマで復活した、
大江千里さんの名曲。


ホンット良い曲なんですから!バンバン!!(つくえを叩く音)




行かないで 行かないで
って心の中で呼ぶ思いを、


素直に言葉にできずにいるのでしょうか。


わかるっ、わかるよ。



こんにちは、studio iota labelの前田紗希(@nagareruiota)です。

 


お湯が沸かない。



私、studio iota labelの前田サキこと旅の音楽家は、Aromariageなおみ ことアクセサリー作家と一緒にダウンジャケットを着込んでアトリエにいた。


まるで季節に逆行するかのように。




焚火でウインナーを焼い


ゴホゴホっ、


インテリアブランドで使う資材の煮沸をしていた。




お湯が沸かない


そう、いつまで経っても煮沸用のお湯が沸かなかった。


師匠のいう通り、
薪を割って、ドラム缶にお湯を張って、ロケットストーブに火をつける。


温度を確かめる為に、蓋を外しそろそろと指を浸けてみる。


熱いかも知れないから気をつけ…







取り敢えず水ですね!! 









合間に、旅の音楽家が旅先で購入してきた魚の干物など焼いてみる。
火力はバッチリのようだ!!




燃し始めてから、3時間ほど経っただろうか。


紙袋いっぱい分の薪を燃しきった。


指を浸けてみる。
熱いかも知れないから気をつけ…






まだ水ですね!!

 



ちょっとぉ師匠、これお湯沸かないんじゃないんですか?(笑)


そうなんだよ。俺が試した時も50度くらいまでしか沸かなかったの。ちょっと熱めのお風呂みたいな?ハハハ!






アトリエから疲れた身体を引きずって、東京にありながら単線の最寄り駅までの道を歩く。


徒歩35分の距離は意外なほど心地よく、わたしたちはダウンジャケットを脱いで並んで歩いた。



次の週。


私、旅の音楽家は、アクセサリー作家と一緒にダウンジャケットを着込んでアトリエにいた。
ダウンの下にガッチリ着込んでいたフリースは要らなくなった。




桜ってすごいな。


思わず足を止めて歩いてみる。


階段で一休みする老夫婦。
写真を撮り合うカップル。
公園で子供と遊ぶお母さん。
薪を拾う私たち。←おい


今日こそインテリアブランドで使う資材の煮沸をするのだ。





師匠が新調してきた、直径45cmの鍋にお湯を張って、
薪を割って、ロケットストーブに火をつける。


温度を確かめる為に、蓋を外しそろそろと指を浸けてみる。


熱いかも知れないから気をつけ…







安定の水ですね!! 





合間に、旅の音楽家が旅先で購入してきたウインナーなど焼いてみる
火力はバッチリのようだ!!




燃し始めてから、3時間ほど経っただろうか。


紙袋いっぱい分の薪を燃しきった。


指を浸けてみる。
熱いかも知れないから気をつけ…







もはや水ですね!!

 





ちょっとぉ師匠、これお湯沸かないんじゃないんですか?



、、って留守だし。









嗚呼、文明の利器ってすごい。
ティファール考えた人、天才。






お湯が沸かない。



自分たちで何とか出来る手段は無いだろうか?




師匠、いろいろと教えて下さってありがとう。
でもアトリエに行かずとも、どうにかしなくちゃだわ。






インテリアブランドは、
旅の音楽家の会社から、アクセサリー作家へのODM生産だ。


リリース日も決まってしまっている。




私たちは、アクセサリー作家であり、旅の音楽家でもあるので、
アクセサリーを作るし、楽譜が送られてくる。


ひぃひぃ。






こ、


これは、、


どうにかしなくてはならない!!


・・アクセサリー作家にバトンタッチして、つづく。

 ライター 前田 紗希
 
 
□■□■□■□■□■

【studio iota label】
>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合うような音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG