こんにちは、行動と挑戦が大好きなチャレンジャーライターの『なつみん』です。

私はカナダでのワーキングホリデーを予定していましたが、思わぬ展開で中南米のバックパッカーに挑戦することになり、2ヶ月が経過。

とうとう「最終目的地のイースター島」へ飛び立つ日が来ました。

 

2月15日に旅がスタートし、気がつけば4月8日。

まるまる2ヶ月間も中南米で過ごしていると思うと感慨深いですね。

 

幾度と重なるトラブルを乗り越えて、

携帯も財布もカメラも失い、ほぼ身包み剥がされたにも近い状態。

強く逞しくここまでやってきました!

さあ、最後のイースター島はどのような旅になるのでしょうか。

 

前回までの記事も確認してみてくださいね!

▶︎【チリ・サンティアゴ】23時間のバス移動のトラブル!ケチャップ強盗に遭遇?《体験談》

 

広告

イースター島へ向けて出発、しかし体調不良と飛行機の遅延に遭遇

いよいよ待ち望んでいたイースター島への旅ですが、

実はサンティアゴを出発する頃から体調がすぐれませんでした。

飛行機に乗る前には薬を飲んで対策をします。

 

しかし、空港に到着するやいなや、飛行機が遅延とのアナウンスが。

しかも出発時間は未定とのこと。

早速出鼻を挫かれます。

 

なつみん

…もうこのくらいのプチ不幸は慣れっこです。

ただ、イースター島では、

オーストラリアのワーホリ時代の友人カップルと合流する予定があったので、

それだけが気がかりでした。

 

結局飛行機は1時間半ほど遅れて出発。

私は体調が優れず、飛行機内ではひたすら寝ていました。


 

イースター島へ到着、天候に恵まれた南国気分 

そして、ついにイースター島に到着!

到着は遅れましたが、天候も良く、一気に南国の気分になります。

 

空港には、2日前に到着していた友人カップルが迎えに来てくれました。

約半年ぶりの感動の再会を果たし、翌日の計画を相談

翌日はレンタカーを借りて、1日かけてモアイ巡りをする計画になったので、

この日は宿に戻って早めに休むことにしました。

 

ところが、宿に戻って体温を測ってみると、なんと38度!

2ヶ月間の疲れが一気に襲ってきました。

なつみん

しかし、ここでへばっていては、

楽しみにしていたイースター島を満喫できない!

 

しっかり水分補給をし、薬を飲んで早めにベッドに入り、

体調回復に専念しました。

 

1日かけてモアイ巡り

努力と執念のおかげか、翌朝には体調も回復し、

いざ!モアイ巡りへ。

 

街の至るところにモアイが潜んでいます。

こんな風にうつ伏せになっているモアイもいれば、

 

ちょっとモデルのように佇んでいるモアイも♡

 

近くで写真を撮りたいのですが

モアイに触れることは禁止されており、

見つかると捕まってしまうとまで言われています。

中にはレプリカのモアイもいるので、それらは触ってもOK!

 

本物は眺めて楽しみます。

 

↑こんなのもやっちゃいますよね!笑

 

サンセットで幻想的に!

 

ダイビングでモアイと一緒に泳げる!イースター島の貴重な経験

そして、私が楽しみにしていたのが

モアイダイビング!!

友人カップルは翌日にはイースター島を発ってしまうので、

私一人で次の日に予約をしました。

 

海底に沈んでいるのはレプリカのモアイですが、

それでもモアイと一緒に泳げる(?)と思うと

テンションが上がりますよね!

 

ただし、かなり深い場所にあるため、

ライセンスの確認をされたりもしました。

私はアドバンスドライセンスを持っていたので、問題ありません♪

 

いざ、海のモアイに会いにダイビングへ!

 

 

わー!!!

モアイがいるー!!!

 

カメラの画質が悪いのが悔やまれる…

水中には数体のモアイが沈んでおり

たくさんの写真を撮ったのですが

 

なんと

深すぎたせいかGoProが途中で操作不能に(泣)

しかも宿で知り合った友人に借りたのに…

 

陸に上がったら動くようになったので良かったのですが、

水中では結局これ以上使えず、モアイの写真はこれだけになってしまいました。

 

でも、イースター島でダイビングをするという

とても貴重な経験ができたので満足です。

 

帰国を前に、最後の旅と可愛らしいおもてなし

モアイ以外にも、イースター島での日々を思いっきり楽しみました!

 

この写真はアヒポキ。

これでもかという量のアヒ(マグロ)がたっぷりで

めちゃくちゃ美味しかったのを覚えています。

 

 

この子はレプリカモアイ!

街中にたくさんのレプリカモアイもいるので

記念に2ショット♪

 

3泊4日の滞在中、体調も悪くなることなく、イースター島を満喫しました。

空港では、モアイのTシャツも購入しました。今でもパジャマとして活用しています♡

 

 

一旦サンティアゴに戻り、翌日に30時間かけて日本へ帰ります。

 

最終日は Airbnbで見つけたご家庭で1泊しました。

可愛らしいおもてなしをしてくれて

とても親切なホストさんでした。

 

サンティアゴからアメリカ経由で30時間のフライト。

なかなかハードでしたが、久しぶりに日本に帰れる嬉しさからか、

なぜかほとんどフライト中は眠れませんでした。

最後の機内食

 

まとめ。中南米を女ひとりでバックパッカー!

日本には4月12日に帰国しました。

思えば、本当はカナダにワーホリする予定だったんですよね。

 

オーストラリアのワーホリを終えて、2ヶ国目はカナダだ!と意気込んで出発したのですが、

オーストラリアの環境が好きすぎたせいかカナダがあまり合わず、

急に思い立って中南米を旅することにしたのが2ヶ月前。

なつみん

この2ヶ月で8ヶ国を周遊しました。

 

キューバではスリに遭い

ペルーでは南京虫事件

ボリビアではバンが水没

アルゼンチンへの長距離バスで一眼レフなどを盗まれる

そういえば、ウルグアイではダブルブッキングを経験したり

チリに向かう前にケチャップ強盗にも遭ったなぁ。

 

他にも波瀾万丈な2ヶ月でしたが、

この経験のおかげでかなり逞しく生きられるようになりました。

(ただ、海外はしばらくもういいやとも思いました。笑)

 

人生で一度は訪れたかったマチュピチュやイースター島に行くこともできたし、

旅中にたくさんの仲間とも出会いました。

本当に、ひょんなことから始めた中南米バックパッカーでしたが、

とても貴重な経験ができたと思います。

 

もう一度行けと言われたら

答えはNOですが(笑)

でもいつか思い出の地を巡る旅とかもしてみたいですね。

 

8月頃から半年以上中南米記を書かせていただきましたが、

読んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。

ゆるい感じで自由に書かせていただき感謝しています。

 

中南米以外にも25ヶ国ほど旅の経験があるので、

またいつか、おもしろ旅記を書けたらいいなと思います♪

そのときまで、

みなさんお元気で(*´∀`*)

 

旅のルート 

1【バンクーバー】カナダからの始まり
2【メキシコ】2ヶ国目は太陽の国
3【キューバ・ハバナ】3ヶ国目はカリブ海に浮かぶ島国
4【キューバ・トリニダー】3ヶ国目はカリブ海に浮かぶ島国
5【ペルー・レインボーマウンテン】4ヶ国目はみどころ満載の秘境
6【ペルー・マチュピチュ】4ヶ国目は山道中心のアグレッシブな旅
7【ペルーからボリビア】5ヶ国目を目指して途中下車の旅
8【ボリビア】5ヶ国目は死ぬまでに見たい絶景
9【ボリビアからチリ】6ヶ国目への移動はバンツアー1日目
10【ボリビアからチリ】6ヶ国目への移動はバンツアー2日目
11【チリ・アタカマ】6ヶ国目で見た砂漠の星空
12【チリからアルゼンチン】7ヶ国目への移動はバスで24時間
13【アルゼンチン】7ヶ国目で体験、世界三大滝の迫力
14【アルゼンチン】7ヶ国目の首都はカラフルな港町
15【ウルグアイ】8ヶ国目は1泊2日の豪華客船弾丸旅!
16【チリ・サンティアゴ】23時間のバス移動を終えて
17【チリ・イースター島】最終目的地、モアイと泳ぐ

Backpacking through Latin America alone as a woman! The Final country is Chile.

 

ライター

なつみん
栃木出身、大阪在住。
大学卒業後、6年間の社会人期間を経て、「今しかできないこと」を探しにフィリピン留学、オーストラリアでのワーキングホリデー、そして中南米のバックパッカーを経験し、これまで約25ヶ国を旅してきました。
持ち前の行動力とチャレンジ精神で、現在はWebライターと女性専用サロンでのセラピスト業に従事。
「いくつになっても輝いていたい」そんな想いから、同世代女性の希望になれるような存在を目指しています♪
音楽も好きで実は曲も出しています🤫
 

 

□□関連記事□□

【プエルト・イグアス】ハプニング続きの旅路!7カ国目は世界三大滝のひとつ「イグアスの滝」へ《体験談》

【ウユニ→アタカマ】トラブル続きの南米バンツアー2日目!ピンクレイクや温泉でリフレッシュ《体験談》》

【ペルーからボリビア】チチカカ湖周辺の島々を巡る旅、天空に浮かぶ神秘の「ウロス島」《体験談》 

 

【studio iota label】

【LoFi Hiphop BGM】流れるイオタ『黄昏を駆け抜ける』 (Official Album Video) – Driving through the twilight

 

スクリーンショット(2020-05-01 15.59.49)

日本のレコード会社 studio iota LLC.では音源の制作・販売、WEBコンテンツの発信、企業のWebライティング、動画BGM製作、アーティストやお店などの写真撮影、作曲・編曲事業、レコーディング・ミックス事業などを行っています。

>「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合う音楽を提供し続けていきます。

「心から出て心に還る音楽を」をモットーに、粋な義理人情を大事にし、 旅に似合う音楽を提供し続けていきます。

レコードの制作・発売
旅に関するコンテンツの発信
作曲・編曲事業
レコーディング・ミックス事業
音楽療法
デザイン・印刷
カフェバーの運営
Webライティング
写真撮影

CTR IMG